マイル・マイレージって?基本が知りたい!貯め方や使い方は?

  • 2020年4月12日
  • 2020年7月19日
  • 旅行
  • 17View
  • 0件

マイルって聞いたことあるけど、イマイチよくわかんない。
遠征行くと飛行機乗ることあるし【マイル】って聞くけど、
貯まるのかな?貯めてるけど何に使えるの??
遠征してるときに知りたいけど基本的なまとめてあるのがあればな…と思ってたのでまとめてみました!

◆マイルってなに?マイレージは?

マイレージとは、航空会社のポイントプログラムのこと(マイレージプログラムとも言われます)
マイルはその航空会社のポイントプログラムで貯めるポイントのこと

要は航空会社のポイントなので
マイル=ポイントと考えるとわかりやすいです!

主な日本のマイルは?

日本でマイルといえば、JALマイル(日本航空)、ANAマイル(全日空)

日本航空の「JALマイレージバンク」、
全日空の「ANAマイレージクラブ」がそれぞれのマイレージプログラムです。

◆マイレージプログラムは無料?

JAL・ANAともにマイレージプログラムへの入会は入会費・年会費無料で登録できます。
申込もウェブからもできます。
※クレジット機能なしの場合、無料となります。

日本航空「JALマイレージバンクカード(JMBカード)」
全日空「ANAマイレージクラブカード」
これがそれぞれのクレジット機能なしで無料で登録できるカードです。

遠征組だと行先や時間によって航空会社を選択してる人が多いと思います!
私もそうだったので(最終便や飛んでる便で選ぶのが優先で航空会社は二の次だからそうなっちゃう)
そういう時は両方作っちゃいましょう!

◆マイルって集めた方がいいの?


飛行機に乗るたびにマイル(ポイント)が貯まって、マイルが貯まると特典と交換できるので集めて損はありません。

「今日乗るから間に合わないよ!」って方でもマイレージプログラムにはウェブから登録ができるので貯めないなんてもったいないです!
ANAはデジタルカードが登録できるのでデジタルカード、またはJALでもANAでも事後登録ができるのであとからマイルを登録できます。
旅行会社でとったツアーでも提携航空会社でもマイルを貯めることができます。
(ツアーによってはフライトマイル積算の対象外の場合もあります)
海外公演時もパックツアーでとって提携航空会社で行った分も積算できました。

◆マイルの貯め方は?

大きくは
・フライトマイルで貯める
・普段のお買い物や旅行で貯める
・クレジットカードのポイントを
マイルに交換する
・ポイントサイトで貯める

◆フライトマイルの登録忘れちゃったときはもうダメ?

ダメじゃないです!JALもANAも事後登録ができます!

事後登録ってなに?

事後登録
【JAL】
国内線グルーブ会社は搭乗日3日後よりJALウェブサイト、電話、メール、郵送のいずれかの方法で事後登録が可能です
JAL国際線は5日後、JMB提携航空会社はご搭乗日から14日後よりJALウェブサイトまたは郵送で事後登録が可能です【ANA】
搭乗後翌日午後以降、6カ月以内にANAウェブサイト、電話、メール、郵送のいずれかの方法で事後登録が可能です

※マイレージプログラムに入会前の搭乗分については登録できませんので、必ず搭乗前に入会申し込みをしてくださいね!

◆マイルってどう使うの?

貯めたマイルは、貯めたマイル数によって特典と交換ができます。

マイルの特典は?

メインどころの特典は下記です
・国内線特典航空券
・国際線特典航空券
・座席のアップグレード
・航空券やツアー購入に使えるポイント(またはコイン)に交換

マイルの有効期限ってあるの?

※JAL・ANAともに貯めたマイルは利用(搭乗)した日から数えて36ヵ月後の月末までが有効期限となります。

◆まとめ

マイルって聞いたことあるし、なんとなくは知ってるけどイマイチよくわかんなくって…。
数年前までとりあえずマイレージカードだけ作ってて、思い出した時だけ事後登録してた感じでした。

なんだかんだ、フライトマイルだけで国内線特典航空券分くらい貯まってたので、遠征組は貯めないなんてもったいないです!
(私は基本飛行機を使うのは遠征がほとんどなのでなのにそのくらいは貯まってたので)

フライトマイル積算もし忘れたのもたくさんあるし、有効期限が切れて失効しちゃったのも結構あるので、貯めたマイルの使い道までちゃんと知って使ってたらよかったな~と後悔しました。

意外と遠征してる周りの子もマイル貯めている人少なくて…基本情報だけまとめてあると便利だなと思ってたので紹介させていただきました!
簡単・無料なので、ぜひ貯めてない人はマイレージカードを作って貯めてみてください!
少しでも役に立てれば嬉しいです、最後まで読んでくださりありがとうございました。